お仕事募集中で~す!

(犬)ぺろりん設備の技術ノート 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ども、先日王監督からWBCのメンバーに選ばれたのですが
ブログの更新が出来ないことを理由に断ったぺろりんです(笑)
今日は不評で苦手の真面目な記事を・・・


で、今日は「なまり」の話




そうそう、こちらでは博多弁が有名で・・・?







はぁ、?






そのなまりじゃな~い!!





この「」の話



まずは3月7日の東京新聞の記事から


http://www.tokyo-np.co.jp/00/sya/20060307/mng_____sya_____006.shtml
子ども用 アクセサリーに高濃度鉛





で、鉛ですが水道の管材でもよく使われていました





この本から抜粋


        機器配管材料からの鉛浸出対策
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

水道法の改正により、平成15年4月1日より水道水中の鉛浸出基準値が、0,05mg/l以下から
0,01mg/l以下に強化されました。
古くから鉛は、給水管や器具まわりの排水管、バルブの合金材として使われてきましたが、
鉛の人体への影響、特に1~5歳の子供のIQの低下を招くことが指摘され、水道水による
鉛の寄与率を今までの1/3以下の10%以下に低減するのがねらいになっています。
鉛管は、水道管(配水管)からメータまでの水道引込管やメータ前後の配管として使われて
おり、各水道局ではステンレス鋼管などの管に取り替えていますが、全国には約850万世帯の
給水管が鉛管のままとなっているとの報道もあります.鉛管は1987(昭和62年)に使用制限
されていますので、それ以前に建てた建物は取替えが済んでいるか水道局に問い合わせて見て
はいかがでしょうか.
鉛合金の主なものは、スズ・亜鉛・鉛の合金である青銅といわれるものと、銅と鉛の合金で
ある黄銅があります. ”鉛レス対策” への取組みは、鉛レス銅合金の開発と表面改質技術
の開発
が主流になっており、製品として使われつつありますが、今後は鉛レス製品の規格化や、
浸出性能評価が急がれるところです

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


で、鉛レス継手(バルブ)とはこんな感じです

鉛レスバルブ





詳しくはバルブのメーカーのサイトから
http://www.kitz.co.jp/product/bidg-jutaku/corecoat/index.html






これでやっとぺろりんの

IQの低い原因が解決いたしました~(笑)




ではごきげんよう~!   
                   マタネ!(゜-^*)/~



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ボチボチやりましょう
あ、マズイ。
ずっと、井戸水しか飲んでいなかった。
原因を突き止めなくては…。

IQが低くても、記事の更新は可能です。
他人のことは言えませんが…。ハ母。
2006/03/10(金) 23:19 | URL | syugyousou #-[ 編集]
to syugyousouさん
あ、いらっしゃい!

井戸水ですか?ちゃんと定期的に
水質を調べていますか?
まさか上水とつないでなんか
いないでしょうね~!!

大分昔の工事で施主が井戸水と
上水をつないでくれとしつこく
頼まれた事があったな~!
その時は大変でした(苦)

syugyousouさんのブログを見てると
文章のうまさにいつも感心していますが??
対等にわたりあえるのはちびまるこ
ネタぐらいですね~(笑)
2006/03/11(土) 00:36 | URL | ぺろりん #-[ 編集]
鉛レスのバルブ
こんにちは、どうもです。
鉛レスのバルブ 50㎜までしかないんです。改修工事で、バルブの取替があったんですが、65㎜。バルブないけどどうする?まさか、いまさら...ということで、ライニングバタ弁で対処しました。流量調整はしないからOKということで。鉛レスっていってるけど、古いやつと、大きいやつはどうするんだろうね。
2006/03/11(土) 20:56 | URL | メイフェア。 #-[ 編集]
to メイフェアさん
コメントどもです!

え、ライニングバタ弁ですか?
私の所の現場では上水関係では
ゴムシートがほとんど、後はたまに廃液ラインで使用する時、エアー・真空配管の時はテフロンライニングですね。あとは塩ビ製のダイヤフラムとか

古いやつと大きいやつ・・・

こちら某IC工場常駐業者ですが
既設ラインにいたっては特別
やり変えはないですね~!
やはり65mmからはバタ弁ですね
馬鹿でかい鋳鉄のバルブは
全く使っていません!

黄・青銅バルブは鉛が5%位
使用しているみたいですが
鋳鉄製ならば鉛は大丈夫なのかな?


2006/03/12(日) 11:10 | URL | ぺろりん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yucikaci.blog42.fc2.com/tb.php/70-53f69fde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。